引っ張り数字は、全体の8~9割と知るべし

引っ張り数字は、全体の8~9割と知るべし

引っ張り数字は、全体の8~9割と知るべし

K:ともかく、数字の出方には、傾向があるんです。それを直前回やそれ以前の数字の出方を見て、全体的な流れに沿って、決めていくんです。ひとつは、流れに従うことですわ。たとえば、直前回である同じ数字が2つ以上、並んで出ている場合、つまりゾロ目ですわ、そういう場合は、こんどの回でもまた、同じようにある同じ数字が2つ以上並ぶ率が高いと、こう見るんですわ。それに、ナンバーズの攻略法で必ず話題になる「引っ張り数字」。これも大事です。

Q:直前回に出た数字のどこかが、次にもまた出てくる、つまり、前回と同じ数字をこんども引っ張るということですね。

K:そうです。しかも、引っ張りが強く出る傾向にあるときには、第何回とかの、その回自体につけられた数字、それに、日にちなんかの数字にも注目します。つまり、抽選数字以外の、そうした数字でさえも、引っ張られることがあるんです。たとえば、2005年1月のときの、このデータ表から見てみましょうか。ここ、1月4日抽選のナンバーズ4は、「7171」と出てますわ。その回は、「第1471回」です。

2005年1月4日  第1471回 NUMBERS4抽選数字 「7171」

Q:ほう、たしかに日にちの数字、それに回の数字が、抽選数字を暗示しているように見えますね。

K:そして、この「7171」のうち、「71」がそのまま、次の回の抽選数字「6471」として現われている。つまり、引っ張られているんですわ。で、その次が「0351」なんで、「1」が引っ張られ、次が「8285」なんで、「5」が引っ張られ、次が「8073」で、「8」が引っ張られ・・・と、こう続くんです。

2005年1月からのNUMBERS4抽選数字の引っ張り度合い

  • 1月4日   第1471回  「7171」
  • 1月5日   第1472回  「6471」(71が引っ張られ)
  • 1月6日   第1473回  「0351」(1が引っ張られ)
  • 1月7日   第1474回  「8285」(5が引っ張られ)
  • 1月10日  第1475回  「8073」(8が引っ張られ)
  • 1月11日  第1476回 「3857」(3と8と7が引っ張られ)
  • 1月12日  第1477回  「8550」(8と5が引っ張られ)

Q:そうですね。

K:で、その次ともなると、「3857」なんで、「3」と「8」と「7」の3つの数字が引っ張られているわけです。ちなみに、その次は「8550」なんで、「8」と「5」が引っ張られています。こんなかんじで、ともかく直前回までの流れに従った、何らかの数字が出てくる、ということが言えます。つまり、大切なことは、これが90パーセント以上の確率で出てくるということなんですわ。だから、データをこまめに取っていくことが大事になってくるんです。

Q:説得力がありますね。

K:しかし、この引っ張りがずっと、続いていくわけではない。どこかでそれが切れるんですわ。この「6604」のあとの「4777」では、また「4」を引っ張ってきとるけど、この次の数字では、「8635」が来ていますわ。これは何の数字も引っ張ってないでしょ。こんなふうに、まったく関係のない数字が出るのは、全体の2割以下ではないかと考えてます。と、こんなかんじで、データを取っていきますと、引っ張る数字が8から9割、ぜんぜん関係のない数字が1から2割といった傾向にあることが見えてくるんですよ。

引っ張らないケースは全体の3割ほど(NUMBERS4での例)

  • 1月12日   第1477回  「8550」(8と5が引っ張られ)
  • 1月13日   第1478回  「6604」(0が引っ張られ)
  • 1月14日   第1479回  「4777」(4が引っ張られ)
  • 1月17日   第1480回  「8635」(★ここは何も引っ張られていない)
  • 1月18日   第1481回  「8076」(8と6が引っ張られ)
  • 1月19日   第1482回  「6157」(6と7が引っ張られ)
  • 1月20日   第1483回  「7542」(7と5が引っ張られ)
  • 1月21日   第1484回  「9074」(7と4が引っ張られ)

Q:つまり、これまでの数字の流れ(データ)から、次に出そうな数字、出なさそうな数字の割合が、ザッとつかめるというわけですね。

K:そういうことです。それもいわば、次回の抽選数字を導き出すための攻略法のひとつですわ。それとね、次に大事なのが、直前回の数字が次の抽選数字の頭に来るということは、非常に少ないんですね。これは、ナンバーズ3でも4でも、同じことが言えます。そうですね、いままでのデータを踏まえた私のカンでいえば、直前回の数字が次の回で頭に来る率は、3割くらいではないかと思いますわ。

Q:ふんふん・・・

K:また、直前回で、ある同じ数字が2つ以上並んだ場合、こんどもそれと同じように、ある同じ数字が並ぶということもありますわ。それが割合からいうと、やっぱり大体3割くらいですわ。しかも、それが何回か続く場合があるんです。データ表から見てみましょうか。たとえば、ある回で「1128」と来る。その次も「9222」となる。そのあとが「7660」、そのあとが「2311」といった具合です。★

Q:まずは、全体の流れを見て、数字の傾向をつかめ、ということになりますね。

K:そういうことですわ。この数字の傾向を知るには、まず過去のデータをじっくり見て、自分なりになんらかの動きをつかむ、そこから始まりますわな。たとえば、前にも私は、ある面白い数字の傾向を見つけたんです。そして、その流れに沿って予想数字を出しましたところ、これがよう当たるんですわ。それをちょっと教えましょうか?

Q:ええ、是非ともお願い致します。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional